レチューザ

観葉植物を育たてたことのある人なら誰もがぶつかる問題というのがあると思います。

「水をあげすぎてしまい根腐れしてしまった」

「湿気を保ちすぎて害虫が発生してしまった」

「毎回、水をあげるから大変でとうとう放置状態になってしまった」

などなど…

上げるときりがないくらいに「かわいい観葉植物買ったし、頑張って育てよう!」と

購入日は気分揚々と家路につくものの日がたつに連れ様々問題に直面すると思います。

その中でも今回は

・水のあげすぎ

・ちょうど良い湿度を保つ

ための便利な鉢がありますのでそちらをご紹介します。

レチューザのメイン写真

便利な鉢その名も「レチューザ

レチューザ制作は世界的に有名な1876年に創業の老舗玩具メーカーの「プレイモビル」

過去にはフラフープで大ヒットを記録した企業。

精密なプラスチックで組み立て式のおもちゃは世界中で大ヒットしています。

そんな「プレイモビル」が実はレチューザを作ったのです。

 

レチューザの代名詞「底面灌水システム」は

素人にも扱えるように根腐れを防ぐためにあります。

専用クレイに含まれる成分は浄化効果もあり本当に手間いらず。

観葉植物に普段、水を上げるときは基本的に土の上からバシャとかけることが多いと思います。

ただ、自然界で育った植物たちはそのような水の吸い方をしないのです。

自然界で育った植物たちは基本的に土の下から水を吸い上げるようになっているのです。

そしてレチューザはその役割もしてくれます。

小さい穴の中に水をいれて下に流します。

そして、その水は鉢の下にいきます。

その水はクレイを通して下から吸い上げられます。

これで自然界のシステムができあがるのです。

 

レチューザは屋内でも使うことができます。

レチューザの底に栓でとまっているのでその栓をはずしていただくと屋外でつかうこともできます。

 

レチューザには酸素を土の中に取り込むこともできます。

今までは酸素を取り入れられず、土の中の湿度が高くなり

病気になりやすかったのですが、適度な湿度で済むようになり

元気に成長できるようになったのです。

 

難しかった水やりのタイミングも水分計でバッチリわかるようになっています。

透明な細い棒に赤の線が入っており赤線が上下になることにより水分がわかります。

 

最後にレチューザにはたくさんの種類が存在していて

高さのあるものから横に広いもの、または色が鮮やかなものや落ち着いた色のものまで様々あります。

鉢カバーはそのままで中の植物だけを交換することも可能で

植え替えなどの心配もないです。

レチューザは植物界の革命でもあります。

ぜひ、植物を購入するときはセットで購入してみてください!

更新日:

Copyright© 植物を育てるための便利キット紹介 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.